銀行のフリーローンの金利について

消費者金融での借入を利用していて、限度額の増額を考えている方も少なくないでしょう。しかし、総量規制という法律が制定されてから、この限度額の増額は非常に難しくなりましたね。
元々、利用限度額の増額はそれほど難しいものではありませんでしたが、総量規制という法律により、個人の借入総額に制限ができたため、増額を行うことは簡単ではなくなってしまったのです。
現在の利用限度額は、申し込み当時の個人の年収と、過去・現在の借入についてを考慮した上で、決定されているものです。それを増額するということは、もう一度、それを再調査するだけでなく、更に慎重な審査となるわけです。場合によっては、利用限度額の減額措置を取られてしまうことも考えられます。
従って、安易に利用限度額の増額を行うことは非常にリスクの高いことになるのです。
でも、もっとお金を借りる必要がある。そういう方に良く勧められるのが、他社からの借入です。一つの会社で増額を申し込むより、他社から、新規で借り入れを行った方が良いという提案です。しかし、もし他社からの借入を行うとしても、総量規制の対象となる、消費者金融では意味がありません。
銀行のカードローンやフリーローンなどを利用してはいかがでしょうか。これなら、総量規制の対象外で、しかも使用の用途に限定はありませんので、銀行カードローン 即日融資金は自由に利用することができます。また、銀行からの借入となるので、消費者金融からの借入よりも低めの金利でお金を借りることができるはずです。


消費者金融では学生でも融資が受けられますか?

日本には独自の年齢制限がたくさんあります。お酒もたばこも20歳になってから。免許は18歳以上から。結婚は男女で取り決めがちがったりと、微妙に年齢が違ったりするので、ややこしいですよね。
消費者金融での借入には年齢制限があることは皆さんご存知ですか?
しかし、この取り決めは特に法律で詳しい取り決めがあるのではありません。この決定は各消費者金融によって独自に設定されています。
大手の消費者金融の借り入れ基準を見ると、「20歳以上で安定した収入のある人」という一文が明記されています。これはつまり、20歳以上で安定収入があれば、学生であろうと社会人であろうと、借り入れが可能だという事です。
逆に、アルバイトなどで安定収入があったとしても、20歳未満の人は大手の消費者金融では借り入れができないということになあるわけです。
ちなみに、数は少ないですが、学生を対象とした「学生ローン」を扱っているところもあるそうです。学生ローンでは大学生や短大生・大学院生・専門学校生といった、いわゆる学生と呼ばれる人を対象にしていますが、中には「18歳以上の安定収入のある学生」と明示している学生ローンもあります。
未成年者の借り入れの場合は、一般的に保護者の同意が必要です。これは貸金業法の取り決めではなく、未成年者の保護のために民法で定められているもので、未成年者が勝手に契約をした場合に、保護者が一方的に契約の取り消しができるという規定があるからです。多くの消費者金融で20歳以上を対象にしているのは、このような背景があります。:借入ランキング


キャッシングの法定金利とは

キャッシングの金利は利息制限法と出資法があり、依然はこの出資法の利率上限のほうがかなり高かったため利息制限法との差があったため、グレーゾーン金利というものもありましたが、最近ではすべての金融機関の利率は利息制限法の中に収まるようになっています。
現在の法定金利は10万円未満の借入は20%、10万円〜100万円未満は18%、100万円以上は15%と決められているので、どこのキャッシング会社を利用してもこれ以上の金利をとられることはありません。
あとはキャッシング会社ごとの基準でそれ以下の利率設定がされ、特に銀行カードローンはそれぞれの銀行で審査基準が違うためそれ以下の金利をて供しています。
広告上では4.8%や7.8%といった低利率からの利息設定が記載されいますが、これは高額融資を受けたときの金利で、日常生活で一時的に借りる程度の融資額の金利はほとんどの会社が15%以上の設定をしているが通常で、金利の見かたで注意が必要です。
こうした状況から考えるとカードローンとキャッシングは利率の差はあまりなくなってきているので、どこでキャッシングするかは審査のとおりやすさや審査時間の速さ、融資限度額が基準になります。
あとは返済のしやすさとか、即日キャッシング おすすめ増額申請がうけられるのかといった付帯的なことで比較してみることが必要で、自分に便利な返済方法があるのかどうか、さらに近くのコンビニが利用できるか、返済で手数料が必要なのかといったチェックも必要になります。


キャッシングの返済が遅れると遅延損害金が発生する

キャッシングの返済期日に遅れると遅延損害金が発生するだけでなく、信用情報機関の個人情報に遅延があったことを記載されてしまう場合があります。
「遅延損害金」とは借りたお金を返済期日までに返さなかったときに発生するお金で、毎月返済額にプラスして請求される費用をいいます。
遅延損害金は返済期日から返済した日数分の日割り計算となり、ほとんどの場合20%が加算されます。たとえば10万円借りていて7日遅れたとすると、毎月返済額とは別に
10万円×20%÷365日×7日=384円が遅延損害金になります。
返済期日がきているのはわかっているけれど返済に行けなかったときや、病気になり、外へ出らないために返済できなかったということもあると思いますが、返済期日が過ぎてしまったときは遅れた理由やいつなら返済できるということをこちらから連絡を入れるようにしましょう。
担当者も1度や2度の返済遅れは誰にでもあることと理解しているので、返済遅れが生じてもできるだけ早く返済すれば何の問題もなく遅延損害金も少なくて済みますが、担当者から連絡があってもそれを無視していると「払う意志がない」と判断され、やがて会社や自宅に電話が入ったり督促状が送られて来るようになり、信用情報機関の個人情報の利用履歴に遅延があったことが書き込まれます。
そうなってしまうと新たに融資を申込んだときや増額申請をしたいときもキャッシング審査に通る可能性はほとんどなくなってしまうので遅延が生じたときは、連絡を取りできるだけ早い段階で返済することが重要になってきます。


銀行でお金を借りる方法と審査

銀行でお金を借りる方法が一つだけではないことはみなさんご存知ですね。住宅ローンのような人生でそう何度も利用するものではないものから、気軽に利用できるローンまで多種類のローンから選ぶことができるのが銀行ローンの魅力です。
今、銀行ローンの中でも人気が増々集まっているのは、カードローンです。銀行カードローンは個人向けのローンですが、マイカーローンやブライダルローンのように目的ローンに当てはまらない借り入れも申し込むことができるようになっています。
銀行も都市銀行だけでなく、地方銀行やネット銀行などもカードローンはほぼ取り扱いをしていますし、さらにはその他の金融機関なども積極的にカードローンを発行しています。
いずれも、銀行としてはお金を借りれる審査時間がとても短いのも特徴となっています。銀行での借り入れは、書類準備や審査日数の長さなど、とにかくすぐには借りられないと申し込みをためらう方は多いのです。しかし、カードローンでは即日借り入れができるようになるところや、2〜3日ぐらいで審査が完了するところもあります。
さらに、銀行口座があってもなくても申し込みができるローンもありますし、必ず銀行口座開設をしなければならないローンもあります。銀行口座を開設することで残高不足時にフォローできる自動貸し付けを利用できる銀行カードローンも見つかりますね。
どのようにカードローンを利用するのか、いくらぐらい借り入れするのかによって選び方も変わってくるでしょう。選ぶ方法は金利だけを目安に決めるのではなく、借り方や返し方という実際利用方法や申し込み時の審査時間の短さなども参考に決定しましょう。


銀行系キャッシングを利用しよう

銀行系キャッシングとは、銀行が運営しているキャッシング業のことをいいます。
銀行系キャッシングのほかにも、専業系キャッシングや信販系キャッシングといったものもありますが、銀行系キャッシングは他と比べると数点利点が大きくあります。
まず、前ページでご説明させていただきました年収の3分の1を超える借り入れはすることができないという『総量規制が適用されない』ことです。
総量規制はあくまで貸金業者に対する法律であり、銀行の運営しているキャッシング業には関係のないものになるのです。
ですので、年収の3分の1を超える借り入れが銀行系キャッシングでは可能になります。
ただ、もちろんあまりに収入に見合わない融資希望額では、返済することが難しいのではないかと見なされることも多く、審査に落ちてしまう確率も高くなりますので、ご注意ください。
次に、銀行系キャッシングは他のキャッシングと比べると『利息が安く済むことが多い』こともあげられます。
そもそも利息というものは、貸付利率に借入金額や借入期間を掛け合わせることで算出されます。その大元となる、貸付利率が銀行系キャッシングでは他と比べて低い設定になっていることが多いのです。
これはやはり銀行が大元であるという強みであり、安心感でもあります。
以前は、銀行系キャッシングを利用することは少々敷居が高いといったイメージがありましたが、最近では他のキャッシング会社と同じように小口での融資にも積極的に乗り出してきていますので、ぜひ借り換えローン会社選びの際にはご検討ください。


プロミスの自動契約機って?

プロミスの自動契約機は、どなたでも一度はご覧になった事があるでしょう。プロミス無人契約機は、駅前や郊外などの場所を問わず、全国各地に数多く設置されています。街中だけでなく、郊外をドライブ中に「あっ、プロミスだ!」と思われた方は多くいらっしゃるはずです。
電車や公共交通機関を利用される方は、駅前に設置された無人契約機、または有人店舗の窓口を利用される事をおすすめします。これらの店舗は駅近にある事が多く、主要駅から遠くても100メートル圏内には必ず、1つは「プロミス無人契約機」が見つかるはずです。
郊外型の(無人契約機の)場合は、マイカーを利用される方や店舗で契約する所を「家族や他人に見られたく無い」という方に大変おすすめです。手続き内容は、駅前でも郊外でも全く同じです。
有人店舗の場合は目の前で「プロミススタッフ」が接客を行ってくれるので、会話をしながら和やかに手続きを行う事が出来ます。もちろん、無人契約機からもプロミスオペレーターと(ブース内の受話器を使って)会話出来ます。
分からない事があれば、いつでも各店舗や電話からオペレーターに問い合わせてみましょう。もちろん、平日に有人店舗を訪れて直接質問しても構いません。
無人契約機の営業時間は朝の9時から夜21時まで、お正月以外(年中無休で)毎日利用する事が可能です。有人店舗の場合は、平日の朝10時から夕方18時までの営業時間となっています。皆さんのライフスタイルに合わせて、各店舗を使い分けるようにしてみて下さい。


労働組合を通じてお金を借りる

会社に労働組合があるという方は、労働組合を通じて労働金庫からお金を借りることができます。労働金庫は「ろうきん」と略称され、地域ごとに中央ろうきん、東北ろうきん、九州ろうきんなどというように13の労働金庫に分かれていて、基本的にはそのろうきんの管轄地域に住んでいるかまたはその地域で働いている方なら誰でも利用することができます。
誰でも利用はできますが、団体会員に加入の組合員や公務員、また生協組合員と生計を同一としている家族の場合には金利や手数料が有利になるのです。もともとろうきんのローン商品というのは金利が消費者金融や銀行などといった金融機関と比べてもかなりお金借りるには低金利ですし普通に利用してもおトクなのですが、労働組合に加入していればさらにおトクに利用できるのです。
お金を借りるというと、やはりCMなどでもよくみかける消費者金融や銀行カードローンに目がいきがちですが、せっかく労働組合に所属しているのであればこれを生かさない手はありません。もっとも、ろうきんのローンはかなりの低金利ではありますが、その分審査も慎重であり時間もかかりますので、労働組合に属しているからといって必ずしも借りられるという保証はありませんが、個人信用情報機関に金融事故情報が載っているなどといったことがなければ一度申し込んでみる価値はあるのではないでしょうか。
ろうきんも、預金やローン、サービス内容など基本的な業務内容は一般の金融機関と何ら変わりありません。労働者のための金融機関ですので、むしろ他の金融機関よりも信頼も厚いですよ。

また、マクロな視点で見ていくと、キャッシングを何らかの目的があって利用している人はある統計によると1,400万人といわれていて、これは日本国民の8.5人に1人が利用している計算になります。

サンプル数44,876人を対象としたスクリーニング調査の結果では、キャッシングの使い道として「生活費不足の補填」37.6%が一番多く続いて「欲しいもののための資金不足」21.8%、「クレジットカードの支払金の不足」17.8%と続き、年収別では、年収が低いほど「生活費不足の補填」への回答率が高くなるようで、職業別で見てみると、3年以内の借入経験者全体では「派遣・契約社員」や「パート・アルバイト・フリーター」「専業主婦」が多く生活費の不足分を補うための回答割合が高くなっています。

目的別でみた結果、生活費の補填のためが一番多いのですが、ボーナスなどの臨時収入があるのが事前にわかっていて、その間だけ利用するのであればボーナスで一括返済も出来ますが、臨時収入などが期待できない場合、返済の見込みがないのに借入れをしたとき、来月も同じことの繰り返しになってしまい、返済のための借入れをしなくてはならなくなり、金利だけが大きく膨れ上がりいずれは破たんをきたすことになりかねません。

キャッシングの本来の利用の仕方は、借りたお金の返済はできるだけ短期で返済することですが、長期返済になるときは、返済が終わるまでの間、返済が続けられるような計画を立てることが必要で、そのためにも返済ミュレーションを利用して無理のない返済計画を立てることが重要になります


総量規制のキャッシング

キャッシング会社のなかには総量規制の対象外と対象となるキャッシング会社がありますが、どうちがうのでしょう。
総量規制とは2010年に貸金業法の総量規制が作られ消費者金融が融資をする場合年収の3分の1以内と制限されるようになりましたが、その背景は消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた当時から融資限度額は決まっておらず、フリーローンの審査にとおればいくらでも融資ができたため、過剰な融資を受けた利用者は負債が多くなってしまい、返済の為に新たな借入をおこすといった借入件数がふえ多重債務者となってしまいます。
そのため返済を迫る過度な取り立てに耐えられなくなった利用者は自己破産の申し立てをする、といったことが急激にふえたため、金融庁は消費者を守るといった立場から総量規制で融資限度額に制限をくわえるようになりました。

総量規制の対象となるキャッシング会社は消費者金融だけで、消費者金融でキャッシングをするときは安定した収入があることが条件で借入限度額は年収の3分の1以内と制限されていますが、銀行は消費者金融ではないことから総量規制の対象にならず、審査にとおれば年収に関係なく融資が受けられます。

消費者金融の商品の中に「おまとめローン」があり、おまとめローンは総量規制対象外の商品で年収の3分の1に近い借入や3分の1をこえて多重債務となっている利用者が、複数社の借入を一本化することで金利も下がり、返済日を1日にまとめ、新たな返済計画が立てられるようになることで多重債務から抜け出せるといったサービスがあります。


キャッシングの融資限度額はどこでも同じ、だからこそ考えよう

キャッシングでは審査によって融資限度額が決まります。
収入や支出の状況によって融資限度額が決まりますが、個人によって違いがあります。
例えば消費者金融では総量規制があり個人が借り入れできる最大限度額は年収の3分の1となっていますが、銀行は総量規制のように限度額を決めるための法律はありませんので融資限度額を決めるのは法律ではなく銀行です。

個人によって変わる融資限度額、審査によって決められることはもちろんですが年収や支出の状況が大きく影響をします。
例えば同じ年収300万円だったとしても、人によって支出の金額は異なります。
家族構成によっても、居住形態によっても、また他社からの借り入れ状況によっても支出の金額は異なります。
返済をするために収入を得るわけではなく、生活をしたうえで用意できる返済額が出てくるはずです。

融資限度額が思っていたより金額が少なかったと感じるかもしれません。
消費者金融も銀行も、初回借入限度額は30万円ほどとなっています。
信頼を積むことによって融資限度額を上げることつまり増額することは可能となっていますがそれも10万円ずつであることが多くなっています。
逆に考えている以上の融資限度額が決められることもあります。
3万円を借入希望金額としていても限度額が30万円だったということは少ないことではありません。

融資限度額の範囲内であれば借り入れは自由に行えます。
それでも慎重に考えて利用をしなくてはなりません。